Top > キャンパスレポート > 9.3学校説明会(大阪健康福祉短期大学 保育・幼児教育学科)

キャンパスレポート

2017.09.03

9.3学校説明会(大阪健康福祉短期大学 保育・幼児教育学科)







 今回の模擬授業では、「幼児の視野を体験してみよう」ということで、「幼児視野体験メガネ」を参加者全員で作り、転がしドッヂボールを行いました。
 まず、普通の状態で両手を広げてどこまで見えるか体感してもらってから、視野メガネを作成しました。普段の生活では見える位置にあっても、視野メガネをつけ実際に6歳程度の視野を体験してみると横の位置はほとんど見えません。実際にドッヂボールをしてみると、メガネをかけなかった1度目はうまくボールに当たらず逃げることができていたのに、視野メガネをつけた2度目はすぐにボールに当たってしまい、参加者全員に思わず笑顔が見られました。
 保育士の立場として子どもの視野を知っておくのはとても重要です。子どもは大人よりも格段に視野が狭いことを実際に体験してみると、普段は知ることが出来ない危険性や注意することなどがたくさん見つかり、学ぶことにつながります。また、安全性の観点だけではなく、子どもたちが普段どう感じているのか、子どもの立場に立って知ることは多く、今回は遊びを通して、それらを体験的に知っていただけたと思います。
 一緒に来校して下さった保護者の方々にも参加をしていただき、とても盛り上がりました。ありがとうございました。

<お知らせ>
学校説明会開催中です!
新校舎予定地アクイールでの開催は残り1回となりましたので、是非ご参加ください!

お申し込みはこちらから♪

◆9/23詳細◆ (pdf 511KB)
★10/15詳細★ (pdf 584KB)